さすがに「榎本俊二」である。

昨今、世の中にあふれている
マンガ家の育児エッセイマンガとは一線を画している。

これだけシュールに自分の子供を描けるのは、
ギャグマンガ家が最も得意とする、
客観視の力が大きいのだろう。


また、父親という観点で育児を眺めている点も、
そのシュールさを深めている。


ただ、読んでいると
想像以上に育児には介入しているようで、
それならもう少し作品が主観的な
育児エッセイになって良さそうなのだが、
淡々とした雰囲気で続くのだからさすがだ。


その意味で本作はよくある育児エッセイ系マンガではない。


自分の家族をマンガのキャラクターに置き換えた、
育児をテーマにしたマンガなのである。流石だ。

f:id:mangadake:20170805204841p:plain

 

[まとめ買い] 榎本俊二のカリスマ育児(akita essay collection)

[まとめ買い] 榎本俊二のカリスマ育児(akita essay collection)

  • 作者: 榎本俊二
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る